入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
通常の部分入れ歯は金属製のバネ状の止め具で保持していますが、健康な歯を削る必要がありました。また金属アレルギーのある方には使用できず、口を開いたときに金属の部分が見えるなどの難点がありました。

メリット
・薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
・入れ歯だと気づかれにくい。
・金属未使用が可能なため、金属アレルギーの心配が少ない。
・前後の健康な歯を削らなくていい。

デメリット
・保険適応でないので費用がかかる
・お口の中の状態によってできない、作れない場合がある(最低でも3~4本歯が残っている必要がある)
・素材の寿命は短めで、修理が難しいので新しく作り直しになる

アセタルクラスプ

アセタルクラスプ
アセタルクラスプとは本来金属を使用するバネの部分を、アセタルという白い樹脂素材を使って機能性と見た目を高めた入れ歯です。笑った時に見える金属の色が気になる方にオススメです。

メリット
・強くて柔軟性があり、破折しにくい
・歯や色調に合わせることができ、金属よりは見た目が良い
・耐疲労性に優れ、装着感がいい

デメリット
・保険適応でないので費用がかかる
・ノンクラスプ義歯などと比較すると目立つ

インプラント入れ歯

インプラント入れ歯
インプラント入れ歯とは、総入れ歯で「ずれる・外れる」「痛い」「ガタついて物が噛めない」等のお悩みがある方や、ほとんどの歯を失ってしまった方に適した治療法です。
失った全ての歯の本数分だけ、インプラント体を埋入できない場合などに、使用されることがある方法です。

メリット
・物を噛む力が向上。
・顎の骨の吸収を防ぐ。
・違和感が少ない。
・健康な歯を削らなくていい。

デメリット
・保険適応でないので費用がかかる。
・インプラント挿入のための手術が必要なこと。
・手術した顎の骨が安定するまで数カ月の治療期間が必要。
・顎の骨の状態や全身疾患、喫煙や口腔内のメンテナンスが困難などの理由から不適応となることもある。