オールオンフォー( ALL-ON-4 )

オールオンフォーについて

All-on-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。
All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本のインプラントですべての人工の歯を支えます。
骨の移植などの必要もなく、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能です。
オールオンフォー( ALL-ON-4 )
オールオンフォー( ALL-ON-4 )

オールオンフォーの治療の流れ

STEP1:検査と準備(術前)

レントゲン写真を撮り、全体的な治療計画を立てます。お口の中の型を取り、かみ合わせを確認。手術後に装着する仮の歯をあらがじめ作製します。

STEP2:インプラントの埋め込み(当日)

抜歯が必要な場合は抜歯をします。歯ぐきにインプラントを埋め込みます。麻酔をしてから行うため、痛みは全く感じません。

STEP3:休憩(当日)

インプラントを埋め込んだ後は、しばらく休憩します。

STEP4:仮の歯の装着(当日)

インプラントを埋め込んだ数時間後には仮の歯の装着ができます。
1日で治療可能(お口の状態により、仮の歯の装着が手術翌日以降になる場合もあります)

STEP5:最終ブリッジの取り付け

インプラントの埋め込みから約6カ月後に、強度が高く、美しい仕上がりの最終ブリッジと交換します。

当院の手術へのこだわり

  • 検査内容を患者さんにわかりやすく説明しております。
  • 治療計画を何度も確認し、安全な手術を心がけております。
  • 長年の経験と熟練の技術で患者さんの満足のいく結果に。
  • 麻酔科医による生体モニターのチェックも常に行われています。

オールオンフォーのよくある質問

歯がまだ数本残っていますが、All-on-4は可能でしょうか。

可能です。通常、歯が残っている方や義歯を入れている方は手術当日までそのままご使用いただき、手術当日に抜歯を行います。同日中にインプラントを埋め込み、その数時間後(症状によっては次の日)には新しい歯(仮の歯)が入ります。

All-on-4をしたいのですが、どのくらい持つか心配です。

All-on-4の医学文献によると、インプラントの1年後の残存率は上顎で97.6%、下顎で98.2%、ブリッジとしては上下とも100%という結果が出ています。この成功率は大変高いものと言えます。

大掛かりな手術のようなので、痛くないか心配です。

手術中は麻酔をしっかりしますので、痛みは感じません。また、お口の中は体のほかの部分と比べると、手術の範囲が狭いですし、治りやすい部分でもあります。実際に手術された患者さんからは、思ったより楽だったという感想がほとんどです。

できるだけ痛くなく、腫れないようにAll-on-4をしてもらう方法はありますか?

ノーベルガイドシステムというCTを基にコンピューター上で精密な計画を立てて手術を行う方法があります。この方法ですと、歯ぐきに3ミリ程度の孔を4つ開けるだけで手術が終わります。型を取る必要もないので、手術から仮の歯が入るまで、早ければ1時間程度で終わります。また、手術後も出血しない、腫れない、痛くないというのが特長です。

All-on-4をしたいけれど、体力に白信がありません。年齢のことも気になります。

上記のノーベルガイドシステムは、体力のない方や高齢の方にも適しています。しかし、あご骨の状態によっては使用できない場合もありますので、歯科医師にご相談ください。

All-on-4後の歯磨きは難しいでしょうか?

All-on-4で歯磨きが必要なのは4本のインプラントだけなので、本数的に少なく楽だと言えるでしょう。歯ブラシだけでなく、水流タイプの清掃器具を併用するとさらにすっきりとするようです。

All-on-4後の食事で気をつけることは?

術後しばらくは、できるだけインプラントに無理がかからないように、硬いものは避けていただいたほうが良いようです。

インプラントガイドシステムを使用したフラップレス術式(切らない手術)のAll-on-4治療

ノーベルガイド(インプラントガイドシステム)を用いたAll-on-4では、 CTの正確な3Dデータを元に、サージカルテンプレートを作製しインプラント埋入のシュミレーションを行える為、より安全に低侵襲なフラップレス術式(切らない手術)が可能です。これにより患者さんへの負担を最小限まで軽減できます。

1:予知性・安全性の向上

  • 治療プランニング (コンピューターベース) CTデータ
  • 3D画像による埋入シミュレーションにより安全性・予知性の向上
最終的な補綴物の3次元的形態と骨の画像を同時に見ながらインプラントの埋入位置を決定できるため、審美性・機能性が更に向上された治療が可能となります。

2:オペ時間・治癒期間の短縮

  • サージカルテンプレートを用いたフラップレス術式
  • インプラント埋入まで可能なサージカルテンプレート
サージカルテンプレートを用いた浸襲性を最小減に抑えたフラップレスでの術式では、ドリルステップが簡便になり、オペ時間の短縮が可能です。また歯肉の切開が不要になる為、患者さんの通院回数を少なくすることができます。

3:即時負荷

  • 治療計画により術前に製作された上部構造体
サージカルテンプレートを用いることでオペの事前に精度の高いプロビジョナル(仮歯)またはファイナルの補綴物の製作が可能になります。
事前に上部構造体を製作することで、その日のうちに新しい歯を装着可能となり、すぐに元の生活に戻ることができます。